小顔効果もあるボトックス|副作用のリスクもチェック

リスクとの隣合わせ

簡単に小顔を手に入れたりシワをなくすことができる治療としてボトックス注射があります。ボトックス注射はボツリヌス菌がつくるタンパク質によって筋肉麻痺を起こして効果を得る治療方法です。どういった効果や副作用があるのかについてみていきましょう。

見た目が若返る

ボトックス注射は表情筋に働きかけることができるため、シワの改善に効果があると言われています。ですが、必ず成功するとは限らないケースもあるため、副作用のことなどを考えて信頼できるクリニックへ依頼しましょう。

悩みを解消する

ドクター

女性の悩みは尽きないものです。特に顔にコンプレックスを抱えてしまうと、日常生活にも支障をきたしてしまうこともあるでしょう。例えば、人の目線が気になるために目を合わせることができなかったり、終始うつむいたままの状態だったり、人目を気にするあまり暗い印象を持たれることもあるでしょう。顔のコンプレックスの中でもエラに悩む女性は少なくありません。そのことが影響し、顔が大きく見えてしまうこともあるからえです。日本では小顔の女性に憧れる人が多いため、小顔が一種の美徳となっている状況です。そのため、顔の大きさに悩んでいる人にとっては、生きにくい時代とも言えるでしょう。
エラの悩みを抱えている人は美容整形で削ることが可能ですが、皮膚にメスを入れる必要がありますし、手術となるので気軽に受けることはできません。そこで女性の間で話題となっているものがボトックス。ボトックスはシワの改善に効果があるとされていますが、実はフェイスラインにも効果があるとされているのです。ただし、効果が出るのは顔の筋肉が発達していることが原因によるエラとなります。ボトックスは表情筋の働きをおさえるため、数回にわたる施術でエラの張りを抑えることができると言われています。スッキリしたフェイスラインを手に入れることで、憧れの小顔に近づくことができるでしょう。

ボトックスの施術は約10分程度でおわりますし、注射をするだけなのでその日に帰ることができます。残念ながら効果は永遠に持続するわけではありませんが、数回の施術でだんだんエラの張りをおさえることができるようになると言われています。
エラにボトックスを注射することで小顔効果に期待できますが、副作用が起こる可能性もあるので気をつけましょう。例えば、内出血です。注射をした場所によって青アザになることがありますが、それと同じ原理で顔にもそういったことが起こる可能性があります。それに加えて、肌がたるむ副作用が起こることもあります。ボトックス注射により顔が小さくなった場合は、余った皮膚がたるんで見えてしまうことがあるのです。人により皮膚のたるみ目立つ人もいれば、目立たない人もいます。こういった副作用が起こる可能性が少なからずあるため、ボトックス注射の施術を受ける前に医師としっかり話し合うことが大切です。
エラの張りにボトックスは本当に効果があるのかを知りたい人は、一度専門サイトをのぞくといいでしょう。専門サイトでは施術を受けた後の経過写真が見れます。持続期間は人によって変わりますが、効果がどれくらい持続しているのかをチェックすることができるので、一度目を通してみるといいでしょう。

体への影響を知る

美容整形の中でも受ける人が増えているボトックス注射。手軽に受けることができますが、副作用が起こるリスクについても知る必要があります。施術の前に副作用について確認しましょう。