小顔効果もあるボトックス|副作用のリスクもチェック

リスクとの隣合わせ

女性

顔にシワができてしまう原因としては、肌機能の低下や顔の表情をつくる筋肉によってシワがつくられてしまいます。年齢を重ねていくと肌は次第に潤いがなくなっていきます。それによって乾燥肌となりシワができやすくなってしまうのです。一度シワができてしまうと、そこからさらにシワが増えてしまいます。また、表情筋が凝り固まることでもシワをつくってしまいます。肌は20代から30代、30代から40代になるに連れて次第に水分が失われていくので化粧水などで保湿することが大事です。シワができる原因となっているのは肌が水分を失って弾力がなくなることで、表情の変化で出来たシワを元に戻すことができなくなり、それがシワとなってしまうのです。つまり、その対策を行っておけばシワを予防することだってできるのです。まずそのシワ予防をするために使用する化粧水ですが、ビタミンC誘導体が含まれたものを選ぶようにしましょう。
ビタミンC誘導体とはビタミンCを人工的に改良を施したもので、本来外部から取り込みできない分子のものを更に低分子化し、取り込むことができるようにされた成分のことです。では、そのビタミンCにはどのような効果があるのでしょうか。ビタミンCが与える肌への効果は絶大でシミやシミ、ニキビの改善のほかに紫外線から肌を守り、キメを整える効果などキレイな肌を維持するにおいて欠かせない成分になっているわけです。しかし、通常のビタミンCは不安定で空気に触れるだけで壊れてしまいます。また、分子自体が大きいため外部から取り入れることが難しいとされていました。そこで改良され低分子化によってできたものがビタミンC誘導体というものです。外部から直接取り込むことができるので、化粧水に配合しておけば化粧水をつけるのと同時にビタミンCを取り込むができ、高い保湿効果を得ることが可能です。保湿効果が高い化粧水を購入するのであれば、ビタミンC誘導体が含まれているかどうかを確認して購入するようにしましょう。

一度できてしまったシワは自然には戻ってくれません。しかし、それを放っておくと更にシワが増えてしまいます。そんなシワはボトックス注射によって治すことができます。ボトックス注射は、ボツリヌス菌がつくるタンパク質によって筋肉に麻痺を起こしてシワを治すという方法です。この麻痺による治療は多くの場所で用いられます。顔のシワ取りに始まり、足を痩身にしたり、ワキガの解消にも役立てられます。それだけ多くの場所で使われるボトックス注射ですが、注意しなければならない点もあります。それは、ボトックス注射の主力となっている筋肉の麻痺というところです。麻痺というのは本来の機能を損なうということであるため、注入するボトックスの量を間違えてしまうと顔の表情がつくりづらくなってしまったり、眼瞼下垂になるなど致命的な副作用もあるのです。せっかくキレイになるためのボトックス注射を受けても、その副作用で理想とはかけ離れた顔になってしまっては元も子もありません。そうならないために、ボトックス注射を受ける場合は信頼できるクリニックを厳選する必要があります。しかし、ボトックス注射による副作用は治らないというものではなく、ボトックス注射自体の効果が約半年から1年程度となっているため、それと同様に副作用も次第に治っていきます。ボトックス注射は何度も繰り返すことによってその持続期間も長くなっていくので、同じように副作用も注入量が多ければ多いほど治りにくいものとなります。信頼できるクリニックを探す場合、そのクリニックのレビューなどを参考にするとよいでしょう。クリニックによってレビューが賛否両論分かれることもあるので、信憑性の高いレビューがかかれているクリニックを選ぶようにしましょう。